概要

LoRaを使って、センサデータ(温度・湿度・照度・傾き)を、遠く離れた場所に送り、パソコンのターミナルに出力します。

温度(または、湿度)の補正の仕方
表示させたい温度(または、湿度)と4-Sensorsの温度(または、湿度)に、ずれがあるときは、2点間補正を行います。詳しくは、こちら

 

必要なハードウェアの準備

送信側リーフ

Type Name Q’ty
AC03A LoRa Easy Tx 1
AI01A 4-Sensors 1
AP01A AVR MCU 1
AV03A AA BAT 1
AZ01A USB 1
AZ61A Connector 2
AZ62A Connector Cover 3
AZ63A Nut Plate 2
AA battery 2
Screw M2×25mm 6

table id=24

受信側リーフ

Type Name Q’ty
AC03A LoRa Easy Rx 1
AP01A AVR MCU 1
AX03A Leaf x2 1
AZ01A USB 1
AZ62A Connector Cover 2
AZ63A Nut Plate 2
Screw M2×30mm 4

table id=25

リーフの組み立て

送信側リーフ

受信側リーフ

注意:ネジは交互に締めてください。

プログラムの実行

スケッチの書き込み

  • 書き込みには、4-Sensorsと、AVR MCUライブラリ(タイマ割り込み)が必要です。予め、ライブラリをインクルードしておいてください。詳しくは、こちら
  • Arduino IDEで、以下のスケッチをマイコンボードに書き込んでください。
    ・送信側:4-Sensors_LoRa_Tx.ino 
    受信側:LoRa_Rx_Serial_monitor.io