概要

工場出荷時に、ESP32 MCUリーフにArduinoのスケッチが書き込まれているので、スマートフォンやパソコンのWi-Fiを使ってタッチセンサの値を送信して、表示がされます。

必要なハードウェアの準備

Type Name Q’ty
AP02A ESP32 MCU 1
AV04A 2V~4.5V 1
AX07A Back to back 1
AX08A 29pin header 1
  Screw M2×?mm 4

リーフの組み立て

注意:ネジは交互に締めてください。

プログラムの実行

スケッチの書き込み

  • ESP32 MCUをArduino IDEで使用するには、Arduino core for the ESP32 のインストールが必要です。詳しくは、こちら
  • Arduino IDEで、以下のスケッチをマイコンボードに書き込んでください。
    ESP32_AP_Touch.ino
    html.ino (ESP32_AP_Touch.inoと同じフォルダに保存してください。自動的に読み込まれます。)
  • Arduino IDE 1.8.9で動作を確認しています。書き込みエラーが発生したら、IDEのバージョンを確認してください。

表示のやり方

表示のやり方は、クイックスタートに記載していますので、ご参照願います。