AP01A AVR MCU

      

  • 概要
    ATmega328Pを使用したリーフ。14個のデジタル入出力ピン(6個はPWM出力として使用可能)、6個のアナログ入力ピン、8MHz振動子、およびリセットボタンを備えています。 USB接続する場合はUSB を接続、ICSPを使用する場合はShield を接続します。 Arduino IDE使用時は、ボードをArduino Pro or Pro Mini、プロセッサをATmega328P(3.3V,8MHz)選択。
  • AVR MCUライブラリ(関数の概要は、仕様書に記載)
    ・タイマ割込み include file: MsTimer2.h
    以下は、Standard Libraries。IDEをインストールすると、C:\Program Files (x86)\Arduino\libraries に保存されています。
    ・ソフトウェアシリアル通信 include file: SoftwareSerial.h
    ・I2C通信 include file: Wire.h
    ・ウォッチドッグタイマ include file: avr/wdt.h
    ・スリープモード include file: avr/sleep.h

AP02A ESP32 MCU

  • 概要
    Espressif SystemsのXtensa Dual-Core 32-bit LX6 マイクロプロセッサ、技的認証済みWi-FiとBLEを内蔵したESP32-WROOM-32を搭載した32bit MCUリーフである。無線の認証は、 FCC、CE-RED、IC、TELEC、KCC、SRRC、NCCを取得(Espressif Systems Data Sheet V2.9)。 USB電源を供給して、VBUS(5V)電源として使用可能。

AP03A ARM M0

  • 概要

    AVR MCU の32bit拡張版のリーフである。このボードはMicrochipのSAMD21 MCUを搭載し、32ビットARMCortex®M0コアを搭載している。USBの電源を供給して、VBUS(5V)電源として使用可能。Arduino IDE使用時は、ボードをArduino M0選択。

  • 仕様書
    ・仕様書(JA) 
    ・仕様書(EN)
  • ハードウェア
    ・回路図
    ・部品配置図
    ・レイアウト図(Zuken)
    ・レイアウト図(dxf)
  • サンプルスケッチ