クイックスタート

  • ESP32 Wi-Fi Kit A1.0には、既に組み立てられたハードウェアが入っています。そのままで、スマートフォンやパソコンにWi-Fiを使ってタッチセンサの値を送信し、簡単に表示できます。
  • 下記SSIDとパスワードでESP32 Wi-Fi Kitとパソコン等を接続します。
    SSID:Leafony_ESP32-AP
    パスワード:password
  • ブラウザを起動して、下記URLにアクセスしてください。
    http://192.168.4.1
  • 29pin headerの7、9、22、24、26、28ピンがタッチセンサに割り当てられております。
    ピンに触れると静電容量が減るため、値が減少します。値が閾値20以下になると”Touch detected”と表示されます。
  • 24ピンはRTC&microSDと干渉しているため、サンプルスケッチでは非表示にしています。
    検出閾値は、スケッチで変更可能です。以下の写真では、指先で26ピンに触れています。
  • 26ピンに触れていると、以下のようにブラウザの表示が変化します。 
      

 

重要:クイックスタートのプログラム等を詳しく知りたい方は、Wi-Fi を使ってタッチセンサの値を表示 を参照してください。 

より深く理解したい方へ

  • 他のMCUからESP32 MCUのWi-Fiを制御する方へ
    以下に注意点が纏めてありますので、まずお読みになってください。
    ESP32 MCUをATコマンドで使用する場合
  • ESP32 Wi-Fi Kitを固定したい方へ
    ESP32 Wi-Fi Kitに同梱しているNut Plateの材質は、鉄(めっき処理)にしました。マグネットが、同梱しているので、冷蔵庫に取り付けることが容易にできます。

 

Basic Kit A1.0