【活用事例】マイクロドローン ~ Leaf-B65S製作 ~

【活用事例】マイクロドローン ~ Leaf-B65S製作 ~

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後にKeith Mineにより2022-02-24 10:56に更新されました。
1件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #12895
      Keith Mine
      参加者

      これは、KDDI協賛 Leafony応用コンテスト]への参加作品です。

      自己紹介

      計画工学研究所の三根(みね)です。
      個人事業として「自律して移動するIoT-Edge端末」に注力しています。
      ドローンの産業展開とSTEAM教材開発に興味があります。

      目的

      ドローンのジャンルにFPV (First Person View)があり、ホビーやレース目的で人気なのがマイクロドローン(Tiny Whoopとも呼ばれる)です。
      この作品はBeta65Sという市販品の基板をLeafonyシステムで換装したものです。
      三次元飛行制御の理解に留まらず、CO2センサー等を追加搭載して環境センシングや、AIエンジン追加で衝突回避等、今後も応用先が広がると期待してます。

      ハードウェア

      自作基板

      • 加速度・ジャイロセンサー:MP6050
      • モーター制御IC:STSPIN240
      • 電源IC:TPS73633
      • 大きさ:26.5 x 26.5 mm の取付穴に合わせた(Whoopでの標準)
      • ツール:KiCADで設計

      自作基板 部品配置・外観

      自作基板 部品配置・外観

      ソフトウェア

      ESPCopter をESP32に移植しました。

      使用したLeafony機材

      マイクロドローンの外観

      説明ビデオ

      Leafony B65S 製作

      参考資料

      2021年3月の発表内容: 既存評価ボードからSTM32リーフへの移植
        * ドローン制御ではSTM32マイコンが主流なのでLeafonyへの移植性を検討しました
        * 今回は実装スペースが小さいので、無線機能内蔵の ESP32 Leaf を使用しました

    • #12936
      Keith Mine
      参加者

      追加情報です。

      ブロック図と回路図をこちらのGitlabに掲載しました

      ソフトウェアの詳細はこちらのGitlabをご覧下さい

1件の返信スレッドを表示中
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。