【活用事例】ナノコンをフライトコントローラとしたドローン

【活用事例】ナノコンをフライトコントローラとしたドローン

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にアバターhirazakuraにより2020-12-21 00:14に更新されました。
0件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #11081
      アバターhirazakura
      参加者
      +1

      ナノコン応用コンテストに提出した作品の説明になります。

      1.作品概要

      ドローンをフライトコントローラとしてナノコン(Leafony)を活用しドローンの制御を実現しました。

      ドローンの開発の肝となる、”低消費電力”、”小型”とナノコンの特徴が合致していると考え開発しました。

      スマートフォン/タブレットから、ドローン側であるナノコンにBLEでコマンドを送信し、ドローンはコマンドを受信すると上昇や降下などの制御ができます。

      ナノコンにてドローンのブラシレスモータの制御、6軸センサの情報を元に姿勢制御します。

      【制御プログラムイメージ】

       ①コマンド受信→②6軸センサ値取得→③機体角度算出→④モータ制御

       ※①〜④を繰り返します。

       

      2.ハードウェア構成

      3.回路構成

      4.応用例

      ナノコンの特徴(小型、低消費電力)を活かして、バッテー、モータ、フレームをより小型・軽量化することで、より規制の少ないドローンの実現もできそうです。

0件の返信スレッドを表示中
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。