怪獣をMQTTで操作して、ゴルフやってみたー

怪獣をMQTTで操作して、ゴルフやってみたー

タグ: ,

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にkenzにより2022-06-14 02:21に更新されました。
0件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #13536
      kenz
      参加者

        こんにちは。

        MCPCナノコン応用推進WGメンバーのkenzです。

        よろしくお願いします!

         

        IoTにはMQTTが欠かせませんよね。

        LeafonyにMQTT入れて遊んでみました。

        せっかくなのでサーボを怪獣に組み込んで、ゴルフさせました。

         

        使用機器

        • Leafony:ESP32 + LCD + 29pin
        • サーボ:SunFounder 12KGメタルギアRCサーボ
        • 怪獣:ゴモラ
        • 手作りコースと手作りクラブと、手作りボール(サンクス大石さん

         

        通信経路

        1. macにMosquittoを入れてパブリッシャーにして、
        2. インターネット上のフリーなMQTTブローカー HIVEMQ(https://www.hivemq.com/public-mqtt-broker/)を経由して、
        3. Leafony(サブスクライバー)です。

         

        MQTTからのメッセージ

        素振りの角度のレベル

        1:70度ー>11度 :パター用

        2:50度ー>130度 :アイアン用

        3:0度ー>180度 :ドライバ用

         

        そこそこ遊べます。(笑

        子供の頃、ラジコン欲しくて欲しくて、やっと買って、すぐ改造したのを思い出しました。

         

        MCPC杯 Par3 , 1ヤード

         

        ラウンドしてみたー。

        https://twitter.com/kenz45794962/status/1536521413674143744

         

        システム構成その他情報はこちら

        https://drive.google.com/file/d/1Itu2rcrrd2zD9q-aXB0AXZWfKXVBWKXl/view

         

        • このトピックはkenzが7ヶ月、 2週前に変更しました。
    0件の返信スレッドを表示中
    • このトピックに返信するにはログインが必要です。